株式会社 中嶋象嵌

手づくり工芸の最高峰と言われる「京象嵌」の優美さは、
「布目象嵌」と呼ばれる独特の技法にあり。

京象嵌は、地金の表面にタガネという専用の鑿を使って
非常に細かい刻みを入れその溝に金や銀を打ち込んでいきます。
縦・横に敷き詰められた溝が布目のように見えることから「布目象嵌」とも言われています。

お知らせ
一覧

京象嵌について

象嵌は1200年以上の伝統を持つ最も古い工芸品のひとつで、古くから世界の国々において武器や宗教的な道具として用いられてきました。その技法は奈良時代にシルクロードを経て、仏教とともに日本に伝えられたと言われています。

詳しくはこちら

京象嵌製作体験

●一般のお客さま 携帯ストラップ・ペンダント
各3,500円(税込)、帯留め 各5,500円(税込)

●修学旅行生 携帯ストラップ・ペンダント・タイピン・チャーム
1つ:2,300円(税込)、2つ:3,600円(税込)

詳しくはこちら
中嶋象嵌の催事出店情報
1

◎01月26日(水)→31日(月)

博多阪急 匠の雑貨展

2

◎02月22日(火)→27日(日)

福岡三越 伝統とモダンの競演京都展

◎02月23日(水)→28日(月)

福屋 八丁堀本店 大京都展

◎02月23日(水)→28日(月)

長崎浜屋 第23回女流職人展

ミッキーマウスの世界観を京都の伝統工芸に取り入れた逸品。伝統工芸品「本漆塗り紫檀の小物入れ」に、日本を代表する「桜」とミッキーマウスの京象嵌を施しました。ほかにも、ペンダントなども発売中。

詳しくはこちら

古来から受け継がれる「京象嵌」をモダンなスタイルで表現したZINLAYシリーズ

ただ、伝統に固執するのではなく、日々変化するライフスタイルと伝統技法を組み合わせ、新たな「良さ」を創り続ています。そして、モノだけでなく、その歴史や背景をも伝えたい。そんな想いから、「ZINLAY」シリーズが誕生しました。

詳しくはこちら